おいしいことば

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

克服

b0038037_23354328.jpg

Jesusといっしょなら
のりこえられない 壁はないんだ

[PR]
by sitimariam | 2005-06-28 23:40 | アート

流れのほとり

b0038037_22255527.jpg

十字架の陰に 泉がわくんだって

流れのほとりに植えられるなら
時が来ると実を結び、
その葉もしぼまない 木のように
そのなすところは みな栄える


~詩篇1:3

[PR]
by sitimariam | 2005-06-26 22:31 | アート

はじまり

b0038037_0123730.jpg
父よ、彼らをおゆるしください。
彼らは、何をしているのかわからずにいるのです。

ルカ23:34


イエス様が十字架の上で人々に嘲られ、辱めを受け、まさに殺されようとしていた時、それら自分を苦しめていた者たちに対して祈ったことば。
彼らを呪ったり、非難したのでなく、「何をしているのかわからないのですから」と彼らのために許しを祈ったJesus。
なんという祈りだろう。

私たちは、いやわたしは何と無知で、自分で一体何をやっているのかわからないでいることが幾度あったことだろう。
本当に不思議なことだけれど、このことばがわたしのためにも祈られたことを知った、15歳の時から、イエス様は聖書に出てくる単なる存在ではなく、わたしの救い主、友となったのです。

このイエス様との出会いが、後の多くの素晴らしい人々との出会い、夢と情熱、生きる目的、そして素晴らしい賛美に出会えるなんて、想像もしていなかった!

だけど、すべてはここから始まったんだ☆☆☆

Thank you Lord!!!
[PR]
by sitimariam | 2005-06-25 00:14 | 聖書

b0038037_2234514.jpg

***大切な あなたへ(^▽^)***

[PR]
by sitimariam | 2005-06-23 22:01 | アート

きみとともに

いつも喜んでいなさい。
たえず祈りなさい。
すべてのことについて、感謝しなさい。

第一テサロニケ5:16-18

わかりやすーい☆子どもも大人も、広く共感できるみことばだと思います。
だけど「いつも」喜ぶとか、「すべて」を感謝するとか、ほんとうにできるのかな?そんな声を聞いたこともあります。

続くみことばには、「これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることです。」ってある。
ひとりでがんばるんじゃないんだ。「キリスト・イエスにあって」…
イエス様の助けを受けとって、いっしょに歩いていこう☆きょうという日を分かちあえることをよろこんで(^^)Pb0038037_23104690.jpg

Suicaペンギンちゃんは可愛いので大好き☆それでついついピッと電子マネーで買い物をしてしまうというか…キャッシュレスが気持ち良くて…便利な世の中ですなぁ(^o)=3(JRの思う壷なんでしょうけど…)
[PR]
by sitimariam | 2005-06-22 23:11 | 聖書

将来と希望

b0038037_0382762.jpg主は言われる、
わたしがあなたがたに対して抱いている計画は、わたしが知っている。
それは、災いを与えようというのではなく、平安を与え、将来を与え、希望を与えようとするものである。

エレミヤ29:11

5年生だったあの子のメルアドは当時この聖書箇所だった☆こないだも一番好きなみことばはこれだって即答してた。
このみことばをしおりに書こうとしたら文字が多くてはみ出ちゃって、何枚か失敗して捨ててたね。

一人ひとりの人生に、神様の特別な目的がある。将来が、希望がある。
子どもの頃からそれを知ることができるのは、なんて素晴らしいだろう!
だけどそれはいかにも前途揚々な子どもや若者だけでないよ。中高年だってお年寄りだってそう。遅すぎる人なんていないし、少なくともわたしは本気でそう思っている。

神様が約束してくださった!

あなたの将来には希望がある☆☆

あじさいも良く咲いてた☆
[PR]
by sitimariam | 2005-06-18 00:40 | 聖書

救い&子ども

b0038037_2337779.jpg自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

(ローマ人への手紙10:9-10)

このみことばは、当時小学4年生だった女の子が、このみことばで救われたんだと言ってシェアしてくれたことばです☆

子どものミニストリーに関わるようになって何年か経ちました。
小学生の彼らにも彼らなりのストーリーがあり、実にいろんな出来事が彼らを取り巻いていることがあります。
子どもっていうとどんなイメージだろう?かわいい、好き勝手にふるまう、想像がつかない、・・・人それぞれ違うでしょう。

ただ一ついえることは、心の深いところにおいては、大人も子どもも何ら変わりないということ。
小さいと思うかもしれないけど、神様のメッセージを大人と同じように受け止めることができる。彼らの前では余分な飾りは払い落とされ、いちばん大切なメッセージだけがそこに残るなぁと感じます。

その子どもたちの心をとらえたみことばを、これからいくつかシェアしたいと思います☆☆☆
[PR]
by sitimariam | 2005-06-15 23:39

Invitation

「・・・あなたが何歳なのか、私には興味がありません。
それよりもあなたが危険をかえりみず愛し、夢を見、
人生という冒険を歩んでいるのかが知りたいのです。・・・

あなたの話して聞かせてくれることが本当なのか、
私には興味がありません。
それよりも人のことを考えず本当の自分になれるのかが
知りたいのです。裏切りの告発を恐れることも、
自分の魂を裏切ることもなく。

あなたが本当に信頼できるような
真心をもてるのか、私は知りたいのです。

毎日楽しいことばかりでなくとも、
あなたがそこに美しさを見いだしていけるのか
私は知りたい。そして、人生そのものから
力を得ていけるのかどうかを。・・・

あなたが誰なのか、私には興味がありません。
あなたがどうやってここまで来たかにも。
それよりもこの炎の中心に私と一緒に
ひるまず立っていてくれるのか、
私は知りたいのです。」・・・

---Oriah Mountain Dreamer
[PR]
by sitimariam | 2005-06-14 00:12 | 書物

雨上がり

b0038037_0243099.jpg

梅雨に入りましたね(>▽<) 雨上がりを考えると雨も悪くないよ☆
[PR]
by sitimariam | 2005-06-13 00:24 | アート

手紙

b0038037_19221113.jpg

[PR]
by sitimariam | 2005-06-09 06:21 | アート



わたしの出会ったことばたちと作品・・・☆