おいしいことば

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Happiness

b0038037_21553061.jpg

そうだね、持ち歩けるんだねo(^-^)o

[PR]
by sitimariam | 2006-04-21 21:56 | アート

Don't worry

b0038037_1918480.jpg


「あなたが右に行き、あるいは左に行く時、そのうしろで
『これは道だ、これに歩め』という言葉を耳に聞く。」Isiah30:21
[PR]
by sitimariam | 2006-04-17 19:20 | アート

たんぽぽ

b0038037_20515269.jpg
いつだったか君たちが 
空を飛んで行くのを見たよ
風に吹かれ 
ただひとつのものをもって
旅する姿が 
うれしくて ならなかったよ

人間だって 必要なものは ただひとつ

わたしも余分なものを捨てれば
空を 飛べるような気がしたよ

星野富広



(写真の花はガーベラなんですが・・・)
綿毛って、面白いですよね。。

学生時代の先輩が、この詩にメロディをつけて歌ってくれたから、今でもこの詩は暗記できていて、この季節になると口ずさんでいます。
たんぽぽを見るたびに、思い出すことばとメロディとメッセージ。

もう春だね☆
[PR]
by sitimariam | 2006-04-13 20:50 | 書物

b0038037_195444.jpg

このところ寒いけど・・・ それでもやっぱり、春なんだよね!w

[PR]
by sitimariam | 2006-04-10 19:06 | アート

Near the Cross

b0038037_23412315.jpg十字架の陰に 泉わきて
いかなる罪も 清めつくす




9・11テロ事件によって破壊されたニューヨークの世界貿易センタービル。
跡地であるグラウンド・ゼロは、数年たった今、一部に地下鉄の駅ができたけれど、二つの高層ビルは跡形もない。
そこに立っていた、むき出しの鉄筋の十字架は、人の手によらず、ビルのすべてが崩れ去った時に唯一残った跡だということだった。

主イエスのかけられた十字架には、苦しみ悲しみ痛みだけでなく、
人々のあざける心とねたみ、屈辱、汚れや一切の罪の何もかもがかけられたけれど、
そのような十字架が、主の血が流されることによって、泉がわき、
人々を癒し、救い、新しくする所となるとは、誰が想像しただろう。
私たちの身代わりとなってくださった、イエス様の愛がなしてくれたこと。

受難週であるこの新しい週にこそ、本当のオアシスに出会えますように。
[PR]
by sitimariam | 2006-04-09 23:42 | 書物

Life6

b0038037_23404964.jpg
自分のことだけを考え、
自分さえよければすべてよしと考えるなら、
あなたの人生は失敗です。

あなたは、多くの人々に支えられて生きている
ことを忘れているからです。

死のときまで、だれかの役に立つ人生で
ありますように。」 
V. L. D'Souza


聖書が言うように自己中心の性質ってあるなぁと思う。
だからこそ、みことばに日々触れ、このようなことばに
繰り返し耳を傾けることに意味がある。
"For Others"というミッションスクールのモットーを昔聞いたことがあったけれど、
自分の人生は自分だけのものではない、ということを教えてくれた。

わたしにとってはそれは生まれながら理解していたことではなく、
聞くことによってはじめて知った生き方。
イエス様が示してくれたこと。


主よ、きょうも、どうかあなたに「聞く」ことができますように。
[PR]
by sitimariam | 2006-04-08 00:09 | 書物

Gift

b0038037_20543071.jpg

あなたは 神様からのおくりもの
ほんとうに いてくれて ありがとう

[PR]
by sitimariam | 2006-04-03 20:56 | アート



わたしの出会ったことばたちと作品・・・☆
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30