おいしいことば

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Snow

When I wake up in the morning, You're still with me. Psalm139:18
目ざめるとき、わたしはなお あなたと共にいます。
b0038037_17112582.jpg

2月に入り 裏山にも雪が少しだけ積もりました☆

暖冬だった東京もこの頃は寒い日が多い・・・本当に本当に春が待ち遠しい、というか
いつでも常夏の場所に行きたいくらいです(^^;)


さて、今日聞いたある方のお話・・・
今では教会聖歌隊の指揮者をしているその方は、昔は神様の存在など考えたこともなかったとか。
ある時、牧師家庭に生まれ育ったご主人に、

「ねえ、どういう時に神様がいるって感じるの?」と聞いた所、
彼はえっと意外な風な顔をして、こう答えたとか。

「では君は、どういう時に神様がいないって感じるの?」

この答えに、彼女はその時「ああ、この人は根本的に考え方が違うんだな」って思ったそうですが、様々なことを経て後日、神様を信じるようになったとのこと。

どちらの問いが正しいとか違っているということでなく、
両方の質問を改めて、ひとつの心にかけてみたいと思います


どんな時に神様がいると感じるだろう?

また、どんな時に神様がいないと感じるだろう?


あなたの心の声も、聞きたいです☆


b0038037_17115472.jpg
おまけ:
夜に雪が降っている時にカメラのフラッシュをたくと、雪がキラキラしてうつりました!! Wow~~
[PR]
by sitimariam | 2010-02-14 17:41

Back to the Bible


「あなたは、身ごもった女の胎の中で、どうして霊が骨にはいるかを知らない。
そのようにあなたは、すべての事をなされる神のわざを知らない。」 伝道の書11:5



b0038037_2145938.jpg


徒然なるままに。

寒い冬の雲ひとつない晴れの日は、どこまでも空が澄み渡って見えますね☆

何千年もの歳月を継がれてきた聖書のことばは、
時に新しいけど確かな感覚を与えてくれます。

日本の社会では、目に見えるものを中心に考え動いているように見えることが多いけれど、
目に見えない世界があって、見える所は氷山の一角に過ぎない・・・
人には、肉体だけでなく目に見えない霊があって、それがいったいどこから来たのか、
神様のいない科学で説明することができないということ

最近周りに赤ちゃんがいっぱいいるからかなぁ?
このみことばを思い起こしては、何とも不思議な気持ちと、
同時に 私達を愛し大切にしてくださる神様に出会えたことに感謝☆

「私たちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぐ。
見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。」2 Cor.4:18

[PR]
by sitimariam | 2010-02-11 21:56 | 聖書



わたしの出会ったことばたちと作品・・・☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28